敏感肌スキンケアの基本である正しい洗顔

スキンケアの基本は洗顔ですが、敏感肌の方は特に正しい洗顔が必要です。
洗顔料は余計なものがなるべく入ってないシンプルな天然素材でできた固形石鹸がおすすめです。
たっぷりと泡立てて使うのはもちろん、肌に乗せておく時間は短めということも意識するとよいです。まずは手を洗い、ぬるま湯で予洗いをします。

それからしっかり泡立てた洗顔料を肌に乗せます。

肌に泡を乗せておく時間は四十秒以下など短時間で済ませるようにしましょう。



指の腹を使って優しく、丁寧に洗うことは必要ですが、時間は短くて構いません。いつまでも洗顔料を肌に乗せていたり、時間をかけすぎた洗顔は逆効果です。

肌が弱っていますので、刺激を与えないよう、短時間で優しい洗顔をしましょう。


優しく汚れを落とすためには、メイクをしている日と、ノーメイクの日で洗い方を変えるということも大切です。


肌の状態に合った洗い方をすることは大切です。クレンジングは肌に負担をかけます。できれば敏感肌の方は、洗顔料のみで落とせるタイプのコスメを使うなどの工夫も行うとよいです。

スキンケアは大切ですが、洗い過ぎてしまってからスキンケアコスメで潤いを与えようと思っても難しいです。とくに敏感肌の方は難しいですから、洗い過ぎないという視点も大切です。



敏感になってしまっているのなら、朝の洗顔はぬるま湯のみで洗うというのもおすすめです。
冷たすぎる水や熱すぎるお湯も肌によくありませんので、ぬるま湯を使うことも大切です。

おすすめの敏感肌クリームは支持されています。

手を先に洗う、ぬるま湯を使う、といった基本をキチンと守って洗顔をしましょう。